迷信?なぜにんにくを摂るとスタミナが増すのか?そのメカニズムを解説します!

にんにくの摂取で本当にスタミナが付くのか

にんにくでスタミナをつけるとはよく言われますが、実際にどのようなメカニズムでスタミナが付くのでしょうか?それとももしかして、「食べ合わせ」のように、単なる迷信なのでしょうか。

にんにくで「スタミナが付く」効果としては、一般的に以下のようなことがいわれます。

  • 食欲増進
  • 気力充実
  • 体温が上がる(冷え性対策)
  • 疲労回復
  • 精力がつく

これらの効果は本当にあるのか、順に解説していきます。

食欲増進

これは一番わかり易い効果かもしれません。にんにくの独特の匂いや味がスパイスとして料理に作用し、それにより食欲が増します。もちろん好き嫌いはありますが、一般的には人気の食材といえるでしょう。夏バテなどで食欲がわかないときなどには大きな効果を発揮してくれます。

気力充実

まず、「食欲増進」効果でご飯をたくさん食べれば、それだけで気力が充実するというのもあると思います。しかしそれだけではなく、他にも科学的な理由があります。にんにくの成分にはアドレナリン・ノルアドレナリンなどの交感神経を刺激する作用を持つ栄養素が含まれているため、体を「OFF」から「ON」のモードに切り替えるように促してくれるのです。とくにノルアドレナリンは交感神経を刺激し、動向を大きくし、気管支を拡張、心拍は促進するという、いわゆる興奮作用をもたらし、眠気もさめ、気分が上がり、や類が出てきます。

体温が上がる(冷え性対策)

ニンニクの匂いの元である、ネギ系でお馴染みの成分「アリシン」には造血作用(貧血防止効果)と血行促進作用があり、血液の流れをサポートしてくれます。また、日本人科学者が発見した「スコルジニン」という成分は、末梢血管の拡張作用があり、効果が重なって末端までの血行を促進します。
これらの末梢の血管を拡張させるという作用により、血液を送り出す心臓の力が全身に及び、手や足の先から首まで温めることになるのです。そのため、冷え性からくる頭痛や肩こりなどが改善されます。

疲労回復

ニンニクにはパワーが湧くだけでなく、既に疲れてしまっている時に疲労を回復する効果もあります。この作用に大きく関わっているのはビタミンB1です。ビタミンB1は、体内で糖質をエネルギーに変える時に必要なビタミンです。糖質をたくさん取るとその分ビタミンB1を使うので、その結果ビタミンB1が不足してしまうと、エネルギーへの変換がスムーズに行かなくなり、疲労が蓄積されてしまいます。

たとえば疲れた時に、当分のたくさん入ったジュースをたくさん飲んだり、甘いものを食べたりしても、ビタミンB1が不足していればエネルギーへの変換が上手く行かずに、疲労は回復しません。ぎゃくにビタミンB1をきちんと摂取できていれば、疲労は回復し、スタミナが付きます。

では、ビタミンB1を単にビタミン剤でとればいいかというと、そういうものでもありません。ビタミンB1は水溶性のビタミンなのですが、非常に吸収が悪く、体内にもほとんど蓄えられず、排出されてしまいます。

ところが、にんにくに含まれるアリシンという成分とビタミンB1が結合するとアリチアミンという物質となり、脂肪に溶けるようになるため、吸収も良くなり、体内に蓄えられるようになります。これにより、ビタミンB1を安定して体内に維持し、疲労回復をスムーズに行うことができるようになるのです。

精力がつく

にんにくには性ホルモンの分泌を司る器官を刺激し、ホルモンの生産を活発にする働きがあります。ある研究では、男女の集団ににんにくを食べてもらい調査した所、男性ホルモン、女性ホルモンともに血中レベルが上昇していたという報告もあります。

まとめ

にんにくによって得られる数々の効果は、単なる俗説ではなく科学的な裏付けがあるものということがわかったかと思います。単に病気の予防というだけではなく、毎日の生活に活力を与えてくれるにんにくは素晴らしい食物なのです。

黒にんにくがさらにおすすめ

にんにくの素晴らしさを長く語ってきましたが、どうせにんにくを摂取するのであれば、「黒にんにく」が更におすすめです。黒にんにくは、にんにくを発酵熟成させ、栄養素を増したもので、まさに「パワーアップ版」のにんにくです。

黒にんにくの摂取にはサプリメントがおすすめ!

そして黒にんにくの豊富な栄養素を摂取するためにおすすめなのが、「黒にんにくサプリメント」。

本来、栄養価の高い食物というのはサプリなどではなくそのまま食べるのが一番健康にいいことは確かです。しかし、食材として食べるのであればいくらおいしくても毎日毎日たべるのも辛くなってきますし、食べられる量にも限界があり、外食や旅行の時などにも摂取することが出来ないですよね。

匂いも気になる点で、女性や、人と会う仕事の場合、口臭や体臭がどうしても気になるでしょうし、無臭にんにくにすると「アリシン」が含まれないため、効果が半減してしまいます。

その点サプリメントなら、食事の献立やタイミングなどとは独立して、自分のペースで毎日手軽に摂取することができるため、一番効率が良いのです。

2017年版 おすすめ黒にんにくサプリメントランキング

>>2017年版黒にんにくサプリランキングはこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする