最新理論にも対応!黒にんにくは高血圧の救世主?

最新理論にも対応!黒にんにくは高血圧の救世主?

黒にんにく愛好家の皆さんこんにちは!寒い中、黒にんにくのパワーで元気にお過ごしでしょうか。今回の記事では、「高血圧」について興味深い最新研究のニュースが出たので、皆様にご紹介したいと思います。

高血圧の原因は塩分ではなかった

高血圧の『真犯人』は塩分でなく脂肪説 最新理論により日本の高血圧治療が一変も

http://www.news-postseven.com/archives/20171211_636100.html

本記事によりますと、今まで私も含め、多くの人が高血圧の原因としてきた「塩分」について、じつはそれが間違っていたのでは?という説が出ているようです。

「高血圧をもたらすのは塩分ではなく、血管に溜まったプラークです。プラークとは脂肪の塊のことで、日本語では『粥腫(じゅくしゅ)』と呼ばれ、その名の通りお粥のようにドロドロしています。これが溜まって血管の内側が狭くなるから、そこを流れる血液の圧力が高まる。実にシンプルな理屈です。塩分よりも、脂肪分や糖分を口にしないことで、血管中にプラークを作らないほうが重要です」(真島医師)

と、このように今までは「塩分」が悪玉とされてきたものが、実は「脂肪」が高血圧の原因ではないか?という理論がかなり優勢になってきているようなのです。

イメージ的にもこのほうがわかりやすいですよね。要は血液が脂肪でドロドロになってしまうと血の通りが悪くなり、それでも血液を体の隅々にまで巡らせないといけないため、心臓が血液を送り出す力が強くなる=血圧が上がる、というわけです。

実際、脂肪と高血圧の関連を指摘するのは、真島医師だけではない。世界中で研究が行なわれている。4年間で体重が

2キロ以上増加した人は、体重変化が2キロ以内の人と比べて、高血圧になるリスクが約1.2倍増加した。米国でも、肥満度の高い人は肥満でない人よりおよそ3倍も高血圧になるリスクが高くなったという研究結果がある。

「太ると血圧が高くなる」ことは、当たり前に思えるかもしれないが、実はそこに大きな意味がある。

「これまでの定説では塩分が血圧を上げるとされました。しかし、あくまで一時的な効果であり、病気としての『持続的な高血圧』を起こすとは考えにくい」(前出・真島医師)

このように、真島医師だけでなく世界中で研究もされているようです。実際に日本の伝統食は塩分がかなり多いということが言われ、血圧との関連で問題が言われてきましたが、その伝統食を食べているにもかかわらず日本人の平均年齢が高いことを考えれば、この研究にも納得がいきますね。

黒にんにくと高血圧

さて、これまでこのサイトでは色々な記事で、黒にんにくと血圧や、黒にんにくのサラサラ効果について書いてきました。

>>にんにくの「血液サラサラ」効果・効能について解説します!

今回の新理論が正しいとすれば、この様な説明は間違っていた、黒にんにくは意味がない!となるのでしょうか?もちろん、そうではありませんよね。

黒にんにくには従来の理論の血圧問題に対応するための「抗血栓効果」もありますが、それと同時に、「コレステロール抑制・低下」という特徴も持ち合わせています。以下の説明を見てみましょう。

コレステロール抑制・低下

コレステロールと言うのは食物摂取で20%、体内生成が80%とされていますが、にんにくには、「コレステロールの生成を阻害する」という面と、「コレステロールを体外に排出する」という面の、入口・出口の双方でコレステロールを抑制する働きがあると言われています。

まず、「S-アリルシステイン」「アホエン」「ビニルジチイン」といった成分が、コレステロールが体内で生成される仕組みを妨害します。

さらに、調理の過程で油と反応することにより発生するスルフィド類が、肝臓内に貯槽されていたコレステロールを胆汁として排出させ、血中のコレステロール値を低下させます。これらにより血液サラサラ効果がうまれます。

どちらの「原因」にも対応

つまり、黒にんにくは血圧に対する視点から考えたときには、従来の「塩分原因説」にも、最新の「死亡原因説」どちらにも、ダブルで対応できるということです!

おそらく実際は、これらの説は完全にどちらかが原因、というものではなく、複合的なものであると思いますので、そういう意味では両対応の黒にんにくというものはやはり血圧に対しては理想的な健康食品なのでしょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。最新の学説により「高血圧」の原因がもしかすると変わってくるかもしれないという記事でしたが、もしそうであったとしても、やはり黒にんにくは血圧に対して素晴らしい健康食品ということがご理解いただけたと思います。

黒にんにくの摂取はサプリメントがおすすめ

ただし、食べ物の黒にんにくは独特の味や匂いがあり好みも別れますので、できればサプリメントの形で摂取する方がいいでしょう。好きな場合でも、毎日同じものを食べ続けるのは必ず飽きが来てしまうものです。

とはいえ黒にんにくのサプリメントはその人気もあり、数多く出ていてどれがいいのがわかりづらいですよね。以下のページでは、管理人が30種類近くの黒にんにくサプリを試した結果の結論とも言える、おすすめ商品をご紹介しています。良ければぜひ、参考にしてみてください。

>>最新版黒にんにくサプリランキングはこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする