黒にんにくで集中力・記憶力アップ!お子さんにも役に立つ頭脳サプリ!

>>最新版黒にんにくサプリランキングはこちら!

黒にんにくで集中力・記憶力アップ!お子さんにも役に立つ頭脳サプリ!

集中力というのは誰もが身につけたいものです。最近、「EQ~こころの知能指数~」でおなじみ、ダニエル・ゴールドマン氏の著作「FOCUS~集中力」などでも話題になりましたが、現代人はやれることや娯楽、デバイスが増え、過去の人間よりも全体的に「集中」することが困難になっているといいます。

今回の記事では、黒にんにくを使用することで、集中力や記憶力のアップにも役に立つ、ということを解説します。ご自身だけでなく、お受験や中学~大学受験を控えたお子様にもとても有用です。

黒にんにくの「アホエン」が脳に効く

にんにくに豊富に含まれ、あのニンニク臭の元になる健康成分「アリシン」。黒にんにくでは、そのアリシンは熟成発酵の過程で「アホエン」という成分に変化します。このアホエンが、実は集中力や記憶力への効果を期待されています。

マウスによる実験

このアホエンの効果は、マウスによる実験でも証明されています。マウスを迷路に配置し、道を覚えさせて正解すると餌が手に入る、という装置を設置し、マウスに迷路をとかせました。

そうするとどうしても道を覚えられず、平均時間よりだいぶ時間がかかるマウスが出てきます。このマウスにアホエンを投与したところ、なんとほぼ平均時間と同じ水準で迷路を解くことができるようになりました。

さらにそれ以上にアホエンを投与したところ、平均よりずっと早く迷路が解けるようになったのです。

以上のような実験から、アホエンは記憶力をアップするのに効果があることがわかりました。

アホエンが含まれるのは黒にんにくのみ

このアホエンですが、上でもご説明したように、にんにくが黒にんにくに熟成発酵する過程で変化し、誕生します。ですから、ふつうのにんにくやにんにくサプリにはアホエンが含まれていないことに注意してください。

アホエンを摂取したいのであれば、黒にんにく一択です。

間接的にも集中力をサポート

なにも直接脳に作用するだけが黒にんにくではありません。詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしていただきたいですが、

にんにくの疲労回復作用はなぜ起きる?説明します!

黒にんにくというのは疲労回復、滋養強壮や朝の寝覚めなどの効果も期待されています。

疲れているときというのはやはりどうやってもなかなか集中できないものですし、とくに食事などをしてしまうと眠くなってしまうことが多いと思います。

ですので、黒にんにくでスタミナアップなどをすることにより、少しくらいの疲れには負けない元気を保つことができます。これにより、やらなければならないのに眠たい…というような状態を防げます。

また、黒にんにくには朝の寝覚めを良くする効果もあります。子どもはどうしても夜更かしが好きで朝が苦手ですが、そのような状態で学校に行くと、午前中は授業中全部寝ている…ということも、ご自身の経験から分かる人も多いと思います。それに対してもやはり黒にんにくであればバッチリ!ですね。

脳を健康な状態に保つのも黒にんにく

また、黒にんにくには血中のコレステロールを排出し、血栓を作らせない効果があります。

黒にんにくで脳梗塞・心筋梗塞を予防しよう!そのすごい効果・効能とは

これにより脳梗塞や心筋梗塞が予防できるのですが、この血流を良くするということはつまり脳の隅々まできちんと血液が回るということですから、健康効果はもちろん、脳を正常の働きにしてくれるという効果も期待できるのです。

黒にんにくの摂取はサプリがおすすめ

黒にんにくは薬ではなく健康食品ですので、食べ物の形で摂取するのが理想といえば大事です。ですが、一般的にフルーツのように美味しいと言われていてもやはり癖はあり好き嫌いはあるし、なによりも、毎日定期的に同じものを食べ続ける、というのはどうしても飽きが来てしまうものです。特に子どもは発酵食品の美味しさがよくわからなかったりすることは多いですよね。

その点サプリメントであれば、薬のように毎日決まった数を飲むだけですし、お値段も安く、さらには黒にんにく単体よりも、あわせて色々な効果が期待できる黒酢や卵黄などとのコラボ商品があります。

ですので、管理人としては基本的には黒にんにくはサプリメントで摂るのをおすすめしたいと思います。

おすすめのサプリはこちらでまとめています

とはいえ黒にんにくのサプリメントはその人気もあり、数多く出ていてどれがいいのがわかりづらいですよね。以下のページでは、管理人が30種類近くの黒にんにくサプリを試した結果の結論とも言える、おすすめ商品をご紹介しています。

良ければぜひ、参考にしてみてください。

>>最新版黒にんにくサプリランキングはこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする