黒にんにくで「アレルギー」体質とはもうおさらば?免疫力アップできる秘密を公開!

黒にんにくで「アレルギー」体質とはもうおさらば?免疫力アップできる秘密を公開!

3人に1人が何らかのアレルギーを持っていると言われる現代社会。アレルギーの代名詞とも言える花粉症だけでなく、喘息やアトピーなど、様々なアレルギー症状に悩まされている人は多いのではないかともいます。

今回の記事では、これらのアレルギー症状に対し黒にんにくがどう効果を発揮し、どう役に立つかをご紹介したいと思います。

アレルギーの原因とは

アレルギーの明確な原因というものは、まだ解明されていません。

しかし、大まかにわかっていることを書くと、まずアレルギーの原因とは、人間の免疫機能が正常に働かないことだといわれています。

本来、免疫力が正常に働いているときは、体に街のある侵入者が入ってくるのを防いでくれる役割をします。ところが、免疫の働きが正常でないと、体に害のないものが入ってきたときにも、同じような免疫反応を起こし、体外に排除しようとします。

結果として、花粉など、特に体に害があるわけではないはずなのに、それらを体外へ追い出そうと鼻水やくしゃみ、涙がとまらないなどの症状が起こってしまうのです。

黒にんにくの成分S-アリルシステイン

ここで注目されるのが、黒にんにくに豊富に含まれる成分、「S-アリルシステイン」です。このS-アリルシステインはポリフェノールの一種で、血液循環をよくし、コレステロールの低下採用や抗酸化作用があるほか、ナチュラルキラー細胞を活性化させて免疫力を高め癌細胞を退治する作用などがあります。

この成分が免疫力を高めるだけでなく、正常な働きにする機能もあるのではないか?と言われています。

黒にんにくの血行促進効果

アレルギーを抑制するために大事なのが、体を温めることであるというのも最近の研究で言われていることの一つです。黒にんにくには血行を促進し、体を温めてくれる働きを持ってるアルギニンが豊富に含まれているため、低体温や冷え性に悩んでいる方にもバッチリです。

黒にんにくで腸内環境を整える

アレルギーの原因は未解明であることは上にも書きましたが、アレルギーの発生に腸内環境が関わっているという研究も出ています。腸は食物をを吸収する器官、つまり外部のものを体内に取り入れる器官です。そのために当然、腸にも免疫の仕組みが備わっています。

黒にんにくには「アリシン」という成分が含まれています。このアリシンは抗菌・殺菌効果を持ち、胃腸の過剰な悪玉菌を弱らせる働きがある上に、善玉菌のエサとなる食物繊維を含んでおり、善玉菌を両面から助けます。

また、アリシンは腸を刺激し、働きを活発にします。腸の動きが鈍いと、食べ物のカスがいつまでも腸内に残り悪玉菌が繁殖しやすい環境になってしまうおそれがあるため、アリシンの働きは重要なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。アレルギーの原因というのは完全に解明されているものではないため、断言することはできません。しかし、近年の研究により、黒にんにくに含まれる成分が何らかの形でアレルギーを弱める方向に作用するのではないか、と言われるようになってきています。

もともとアレルギーに関係なく、他の面でも健康効果が高い黒にんにくですから、試してみてアレルギーにイマイチ効果を実感できなかったとしてもマイナスはありません。

アレルギーと言うのは人それぞれのきっかけで急に緩和したりするものですから、色々試してみることが重要ですね。

黒にんにくのサプリは多くの種類があり、品質がイマイチのものもありますので、管理人がおすすめの黒にんにくサプリを紹介したページ↓を、よければぜひ参考にしてみてください。ここでご紹介しているサプリは、どれも高品質で定評がある人気のものです。

>>最新版黒にんにくサプリランキングはこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする