黒にんにくが自律神経の乱れに効果的?その秘密を公開します!

>>最新版黒にんにくサプリランキングはこちら!

黒にんにくが自律神経の乱れに効果的?その秘密を公開します!

自律神経失調症という病気をご存知でしょうか。ストレス社会とも言われる近年の日本では、この病気になる人が増えているといいます。今回の記事では、この自律神経失調症の対策に、黒にんにくが注目されている、というお話をご紹介します。

自律神経失調症とは

「自律神経失調症」という病気があります。近年ではだいぶ浸透してきましたが、まだまだ詳しい理解はされていないのが現状です。この病気になってしまうと、症状としては

  • だるい、やる気が出ない
  • 疲れが取れない
  • 不眠・食欲不振
  • 動機・息切れ
  • めまい、不安、イライラ、情緒不安定

このような、「なんとなく元気が出ない、体調が悪い」というような症状が慢性化してしまいます。しかし、特定の臓器の病気のように何かの数値がおかしいとか、猛烈に痛いとかではないため、たとえ自律神経失調症になっても、歳のせいとか夏バテと思って自覚しない、という場合も多いのが現状です。

自律神経失調症の原因

自律神経というのは、人間の呼吸、消化、代謝、血液などの、自分の意志とは関係なく動いている人間の機能をつかさどるものです。そしてこの自律神経は交感神経、副交感神経という2つに分かれています。このバランスが崩れてしまうのが「自律神経失調症」なのです。

自分の意志とは関係なく動くということで、我々は意識せずとも呼吸ができ心臓が動くというおかげで生きていくことができます。しかし、この自律神経のバランスが崩れてしまった場合、自分で動かせないということが厄介の原因ともなるのです。

意図的に治すことができず、明確な病気などでもないため、とても治療が難しく、医療機関による投薬治療でも万人に効果があるわけではありません。また、人によって症状の出る部位や程度も様々なため、的確な治療もしづらいのです。医者によっては、自律神経失調症は不治の病である、という人もいます。

自律神経失調症と黒にんにく

ここで注目を集めているのが、にんにく・黒にんにくの、自律神経失調症に対する作用です。注目されている成分は複数ありますが、最も効果的に作用するのは「アリシン」という成分です。

アリシンというのはにんにくの臭いのもととなる成分で、まずアリシン自体に人の血流を良くする効果があります。これにより末端の毛細血管の流れが改善され、体の隅々まで十分な酸素を供給できるようになります。

また、このアリシンはビタミンB1と結合すると、アリアチミンという成分に変化します。ビタミンB1は体内のエネルギーの精算を促進する効果があるのですが、体への吸収率が悪く、食事やサプリなどで摂取しても多くは体外へ排出されてしまいます。

ところが、このアリシン+ビタミンB1=アリアチミンになると、血中に長くとどまれるようになり、ビタミンB1の効果がバッチリ発揮されるのです。これにより、神経のために十分なエネルギーが作られ、自律神経失調症に良い効果が期待できるのです。

そして黒にんにくは普通のにんにくを熟成発酵させたもので、発酵の過程により各種の栄養成分が大幅にパワーアップしているため、さらに素晴らしい効果が期待できます。

もちろん自律神経失調症は病気ですし、黒にんにくは薬ではないため、医療機関に行き治療を受けるというのが最優先ですが、その心強いサポーターとなってくれるでしょう。

自律神経失調症と黒にんにく「卵黄油」

さらにもう一つ自律神経失調症に期待できるものとして、卵黄油に含まれる「卵黄コリン」があります。何故いきなり卵黄が出て来るの?と思う方がいるかもしれませんが、実は、もともと黒にんにくと卵黄というのは健康成分的に相性がよく、多くの黒にんにくサプリメントでは「黒にんにく卵黄」として組み合わせて配合されているのです。

脳内の神経物質に働くとして有名な「アセチルコリン」という成分があります。このアセチルコリンが血中に多く含まれていると、自律神経のバランスを整えるのに役に立つのです。

このアセチルコリンはストレスを感じると消費されてしまうため、補給しなければなりません。そこで、卵黄油に含まれる「卵黄コリン」が大切な役割をします。この卵黄コリンはアセチルコリンの材料となり、どんどんアセチルコリンを増やしてくれます。

そうすれば、自律神経の働きも活発になり、バランスの悪さが解消されることにも期待できるのです。ですので、黒にんにくだけではなく、この「卵黄油」がセットとなったサプリメントを摂取するのが一番期待できると言われています。

まとめ 自分でも、周りの人にも

いかがでしたでしょうか。

自律神経失調症になったり、なったかもと感じた時に自分で黒にんにくや黒にんにくサプリを注文することができれば理想的ですが、自分が自律神経失調症であると気づかなかったり、まずその行動ができない人も多いと思います。

ですので、できれば周囲の人がサポートし、自律神経失調症の場合はもちろん、「最近疲れていそうだな、つらそうだな」という場合に、黒にんにくを買ってあげるのが良い手助けとなるかもしれません。

人によっては「病気ではないかと心配されている」ことが負担になる人もいると思うので、どちらかと言うと健康目的や疲労回復などということを言って買ってあげても良いかもしれませんね。もちろんこれは嘘をつくわけではありません。自律神経失調症はもちろん、通常の健康の面でも期待できるのが黒にんにくの素晴らしいところです。

黒にんにくの摂取はサプリがおすすめ

黒にんにくは薬ではなく健康食品ですので、食べ物の形で摂取するのが理想といえば大事です。ですが、一般的にフルーツのように美味しいと言われていてもやはり癖はあり好き嫌いはあるし、なによりも、毎日定期的に同じものを食べ続ける、というのはどうしても飽きが来てしまうものです。

その点サプリメントであれば、薬のように毎日決まった数を飲むだけですし、お値段も安く、さらには黒にんにく単体よりも、あわせて色々な効果が期待できる黒酢や卵黄などとのコラボ商品があります。

また、黒にんにくと卵黄の組み合わせが重要と書きましたが、サプリの多くは黒にんにく卵黄の形で組み合わせられていますが、食べ物の黒にんにくの場合、それと別に卵黄を取らなければなりません。

ですので、管理人としては基本的には黒にんにくはサプリメントで摂るのをおすすめしたいと思います。

おすすめのサプリはこちらでまとめています

とはいえ黒にんにくのサプリメントはその人気もあり、数多く出ていてどれがいいのがわかりづらいですよね。以下のページでは、管理人が30種類近くの黒にんにくサプリを試した結果の結論とも言える、おすすめ商品をご紹介しています。このランキングの商品にはどれも卵黄油が配合されているのも安心です。

良ければぜひ、参考にしてみてください。

>>最新版黒にんにくサプリランキングはこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする