黒にんにくは子供に食べさせても大丈夫?心配なあなたへお答えします。

子供にも黒にんにくで元気になって欲しい!でも…

黒にんにくはこのサイトで何度も取り上げているとおり、素晴らしい健康食品です。

黒にんにくの効果・効能は何?普通の生にんにくとの違いは?驚くべきパワーの秘密を徹底公開!

そうなれば、自分が使うだけではなく、周囲の人にも使ってもらい、元気になってほしいというのが普通ですよね。

でも、子供が使うのはどうでしょう?薬なども「子供用」があるように、子供には効果が強すぎるなんてことはないでしょうか?どうしても心配になりますよね。

結論から言えば「基本的にはOK」

黒にんにくはたしかに栄養価が高く、奇跡の健康食と言われるほどです。それでは子供には効きすぎてしまわないか?とおもってしまうかもしれませんが、黒にんにくはあくまで健康食品であり、医薬品ではないため、「基本的にはOK」です。

ただ、なぜ完全にOKではないかというと、発酵により刺激がかなり抑えられるとは言え、もとは刺激物であるということなどから、あまりに小さいお子様には与えないほうが良いということ。そして、黒にんにくは果物のように美味しいので、子供が好きになってしまった場合、ついおやつのように食べすぎてしまう可能性があるという心配もあります。

逆に言えばそこに注意すれば大丈夫。

心配ならサプリメントがおすすめ

これらについて心配である場合は、サプリメントを使い、薬を飲ませるような感覚で毎日飲ませてあげて習慣にするというのもいいと思います。サプリメントであれば子供には半分の量にするなど、心配な方でも調整できますし、刺激も少なめ。そして食べ過ぎなどの問題もおこらないので、一番いいかもしれませんね。

子供におすすめのサプリのランキングは、大人向けのものと同じです。

>>2017年版黒にんにくサプリランキングはこちら!

免疫力アップで強い体に

黒にんにくは免疫力アップなどの効果が期待できるため、子供に強い体に育ってほしいとか、虚弱体質改善、アレルギー予防、アトピー予防など、使い方は様々です。

とくに最近の子どもたちは外で遊ぶ機会も減り、どうしても我々親の世代に比べると体力や免疫力は落ちる傾向にあります。そんななか、黒にんにくで元気を出してほしいと思うのは親ならあたりまえのことだとおもいます。

子どもには予防が重要

近年、予防医療の話などが取り沙汰されます。本来、元気でいるためにはまず予防が大事なのですが、人間はどうしても病気になってから・辛い目にあってから出ないと対策を取らない。予防に予算をかければ国の医療費も浮くのに、なかなか進まない…と言うお話。

たしかにわれわれも人間ですし、年齢も重ねていることもあり、とくに自分のことは「大丈夫大丈夫」と思いがちです。しかし、未来ある子どもは別。もし今後なには大きな災厄が子どもに降り掛かった場合、彼らはそれをこれからの長い人生背負っていかなければなりません。

子どもは自分ではそれらを考えることができません。そんな時一番大事に思ってやれる我々が、何らかのアクションを取るべきではないでしょうか。

>>2017年版黒にんにくサプリランキングはこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする