にんにくの気になる臭い・口臭を最小限に防ぐ方法とは?

最高の健康食・にんにくの唯一の欠点!

体によく、味も美味しいにんにくですが、一番の敵となるのはあの強烈な臭いですよね。食べている時はあれがたまらないわけですが、たべたあとの口臭は、人と会う仕事や女性ならなおさら、エチケットとして防がなければいけません。その臭いを消す方法はあるのでしょうか?

ニンニクはなぜ臭いのか、その原因は

にんにくのあの独特の臭いのもととなるのは、「アリイン」という物質です。このアリインそれ自体は臭わないのですが、ニンニクを切ったりすりおろしたりすると、このアリインがアリナーゼという酵素に触れて反応が起き、「アリシン」という匂いを発する物質に変化します。そしてこのアリシン同士がぶつかり合うと、「ジアリルジスルフィド」のようなガン予防効果のある物質が発生するのですが、この物質も臭いがします。おろしにんにくの匂いと辛味が一番強いのはこのためです。

にんにくを細かく砕けば砕くほど組織が傷つきアリインとアリナーゼの結合が進み、アリシンは大量に発生するわけですが、皆さんも御存知の通り、基本的ににんにくを使った料理は、すりおろしやみじん切り、スライスなど、にんにくを調理前に細かく砕くものが多いためこの臭いの問題はついて回ります。

なぜこのような臭いが発生するかと言えば、結局にんにくが栄養満点であるためです。ビタミン類が豊富で栄養がある食べ物のため、自然界ではこれを狙う捕食者が絶えません。これらを撃退するために、進化の過程でこの臭いを身につけたのです。

にんにくの臭いを消す方法

まず、にんにくの臭いを完全に消すというのはかなり難しいものである、ということが前提です。その上で、出来る限り臭いを発生しなくする方法や、臭いを消す方法を見ていきましょう。

にんにくの臭いを消す調理法①傷つけず加熱する

まず、にんにくの臭いはにんにくが傷つくことによりアリインが反応を起こすことが原因なので、にんにくに傷をつけずに加熱することにより、酵素が働かなくなり、臭いが発生しなくなります。これには「煮沸」「電子レンジ」の方法があります。

にんにくを煮沸する方法ですが、単に煮るだけではあまり美味しくないので、ニンニクの煮込み料理や、アヒージョなどの調理を兼ねた煮沸方法を使うのが良いでしょう。

電子レンジを使用する方法については、にんにくを薄皮がついたまま、一変ごとにラップに包み、レンジで20秒ほどチンすれば、それだけで臭いの消えたホクホクのニンニクになります。これはかなりお手軽なので、調理法としてはおすすめですが、スルフィド類の栄養素は蒸発してしまうなど、栄養効果の多くも失われてしまうため、健康食的な意味では難しいところです。

にんにくの臭いを消す調理法②出来る限り傷をつけない

そうはいってもやはり、にんにくは加熱せずに生で食べたい、という方も多いと思います。その場合には、例えばカットをするのであれば、繊維の方向に丁寧にカットすることで、アリインの反応を最小限に防ぎます。

また、このアリインは空気に触れれば触れるほど反応するため、カットやスライスするときには、水を張ったボウルの中で行うなどすれば、空気に触れる時間を出来る限り防げるため、匂いを最小限度に抑えることができます。

ただし、「すりおろし」に関しては、その調理法自体が空気に触れさせるものですので、生のすりおろしにんにくは対策が難しいですね…。

にんにくを食べる時・食べたあとの口臭対策

上では調理段階での対策をご紹介しましたが、完全には対策はできないし、なにより外食でにんにくを食べる時はどうしょうもないですよね!ここでは、にんにくを食べるときや、食べた後にできる口臭対策を書きたいと思います。

食べる時の対策①ポリフェノールを一緒に摂取する

ブルーベリー、すもも、いちごや、カカオ、ワイン、コーヒーなどに多く含まれるポリフェノールですが、実はこれには消臭作用があります。これらを多く含む食物を、にんにくを食べる時に一緒に摂取することで、臭いの発生を予防することができます。

とはいえ、果物を一緒に食べたり、お酒を飲むのはなかなか難しいこともあるため、ここではポリフェノールを多く含む野菜をご紹介します。

ゴボウ・レンコン・なす・芋類・ブロッコリー・ピーマン・セロリ・ほうれん草・リンゴ

これらの野菜を一緒に取ることにより、口臭予防と同時にポリフェノールの健康効果も得られるので、にんにくを食べる時はサラダなどと一緒に食べることがおすすめです。

食べる時の対策②乳製品を一緒に摂取する

もう一つできる食べながらの対策としては、乳製品を同時に摂取することです。乳製品に含まれる蛋白質や脂肪が、臭みの成分を包み、また、脂肪球が匂いの成分を溶かすため、臭いの発生を抑えてくれます。牛乳や、デザートとしてヨーグルト系のものを食べると良いでしょう。

ただし、乳製品による効果はある程度時間が立つと薄れてしまう傾向にあるため、できれば他の口臭対策と同時が好ましいですね。

食べる時の対策③緑茶を一緒に飲む

もう一つの飲み物の対策が、「緑茶」です。緑茶はそこにふくまれるカテキンなどのタンニンが臭いの成分を吸着してくれます。いろいろな食物との相性もいいのでかなり効果が高いんです。緑茶を飲んで、さらにヨーグルトを食べるなどのあわせ技でかなりの臭いを防ぐことができます。カテキンが多く含まれる、伊藤園の「カテキン緑茶」や、ポリフェノールを多く含む、サントリーの「伊右衛門 特茶」などがおすすめです。

食べた後の対策① 歯磨き

にんにくの臭いのうちの一つは、口の中や歯の隙間にニンニクの食べかすが付着し、それが空気と反応しているためです。歯磨きそれ自体ではなかなか匂いは取れませんが、食べた後も口から臭いが発生してしまうということを防ぐためにも、ハミガキおよび洗口液による洗い流しもしたほうが良いでしょう。

食べた後の対策② 口臭消し・ガムなど

コンビニや薬局などでおなじみの、市販の消臭消しを使うことによっても、臭いを対策することができます。口内で溶かすものよりは、胃の中で溶けるもののほうが効果が高く、おすすめです。また、口臭消しのガムは、口内の食べかすを取ってくれる働きもあります。

まとめ

このように、にんにくの臭いは口臭対策でだいぶ軽減することができます。しかしそれでもその日の体調や湿度などの気候によっても変わってくるため、完全に対策することはできません。結局にんにくを食べるときには、1日の終わりや翌日が休みの日に食べる、人と会うときには食べないなど注意する必要はあるでしょう。

にんにくの栄養効果をとるなら臭わないサプリがおすすめ

にんにくを食べ物として楽しむという点からは外れますが、その栄養効果を得ることが目的なのであれば、サプリメントで摂取するのがベストです。サプリメントであれば臭いもしないし、自分の好みのタイミングで飲むことができます。

本来、栄養価の高い食物というのはサプリなどではなくそのまま食べるのが一番健康にいいことは確かです。しかし、食材として食べるのであればいくらおいしくても毎日毎日たべるのも辛くなってきますし、食べられる量にも限界があり、外食や旅行の時などにも摂取することが出来ないですよね。

そしてサプリメントで摂取するなら、おすすめなのが「黒にんにく」です。

黒にんにくはにんにくを熟成発酵させて各種の栄養素が大きく増やしたもので、まさに「パワーアップ版のにんにく」です。味や臭いなどは普通のにんにくから変化するため好き嫌いが別れますが、その点、サプリメントなら関係ないのも利点です。

2017年版 おすすめ黒にんにくサプリメントランキング

>>2017年版黒にんにくサプリランキングはこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする