にんにくを食べるのとにんにく注射の違いは何?効果は?解説します!

中川翔子さんなど、芸能人などが定期的に受けていることで有名な「にんにく注射」。みなさんもどこかで聞いたことがあると思います。今回は、にんにく注射とはなんなのか、そして普通ににんにくを接収するのとは何が違うのかを説明したいと思います。

にんにく注射とは

一般的に「にんにく注射」といわれるこの栄養剤投与ですが、もちろん、本当にすりおろしたにんにくを注射するわけではありません。にんにく注射の主成分は、滋養強壮効果のあるビタミンB1です。

ビタミンB1と聞いて、「おっ」と思った方もいるかもしれません。そう、にんにくの効果を解説している当サイトの記事でも、にんにくとビタミンB1の関係はなんども解説しています。

にんにくの疲労回復作用はなぜ起きる?説明します!

にんにくの臭いのもととなる「アリシン」がビタミンB1と結合すると「アリアチミン」となり、人体への吸収効率が増すのです。この「アリアチミン」は「活性持続型B1」ともよばれ、血液に長くとどまり、疲労回復の手助けをします。長時間血液にとどまるため、疲労回復だけでなく、その後のスタミナアップ(疲れにくくなる)にも効果があるわけです。

このにんにくと縁深いビタミンB1が主成分ということと、ビタミンB1の構成成分はにんにくに近い臭いを放つことから、「にんにく注射」と呼ばれているのですね。ですので、実際の所、「にんにく」と「にんにく注射」は、直接的な関係はあまりないのです。

にんにく注射のメリット

にんにく注射の利点は、ビタミンB1を直接体内に投与できることです。アリアチミンによってもビタミンB1の吸収率は高くなりますが、やはり体内に投与するのはさらに効率的です。また、直接血管内へ投与されるので、即効性も高いという利点があります。

にんにく注射のデメリット

効果的な意味でのデメリットは特にありませんが、やはり注射であることから痛みなどもありますし、クリニックなどに出向き、数千円の料金を支払って受けるというところから言っても、コストパフォーマンスはあまり良くありません。あくまで、どうしても疲れたときのための措置と考えるほうが良いでしょう。

にんにく注射のデメリットをにんにく摂取・サプリで補う

そもそもなぜ注射でビタミンB1を投与するのかと言えば、ビタミンB1というのは吸収率の面も含め、意外に日常生活での摂取が難しいビタミンだからです。特に、長期に渡りファストフードやコンビニ弁当などの糖質・脂質比重の高い食事内容を継続していると、ビタミンB1が欠乏状態になる/なっているおそれがあります。

そのためににんにく注射が効果的なわけですが、逆に言えば、日常生活で常にビタミンB1をが不足しないようにすれば、にんにく注射は必要ないわけです。

そこでとても有効なのがにんにく/黒にんにくを食べることや、サプリを使うことです。上の解説にもあるように、ビタミンB1は吸収が悪いビタミンですが、アリシンと結合しアリアチミンになることで、吸収率は飛躍的に高まります。それを定期的に摂取すれば、ビタミンB1の不足の予防になります。

黒にんにくのススメ

では、にんにくのサプリを選ぶとして、どのようなサプリを選べばよいのでしょう。ここでのおすすめは、「黒にんにく」です。

黒にんにくはにんにくを熟成発酵させ真っ黒にしたもので、各種の栄養分が熟成により大幅にアップしています。疲れに効果あるビタミンB1だけでなく、抗酸化作用を持つ成分なども数倍にアップしているため、健康目的でにんにくサプリを摂取するなら、何か理由がない限りは「黒にんにく」のほうを摂取するのがベターです。

黒にんにくの摂取にはサプリメントがおすすめ!

黒にんにくを摂取する場合、黒にんにく自体は結構高価なものですし、味や臭いが普通のにんにくから変化し独特であるため、なかなか毎日食べるのは大変、という方も多いです。そこで、黒にんにくの豊富な栄養素を摂取するためにおすすめなのが、「黒にんにくサプリメント」です。

本来、栄養価の高い食物というのはサプリなどではなくそのまま食べるのが一番健康にいいことは確かです。しかし、食材として食べるのであればいくらおいしくても毎日毎日たべるのも辛くなってきますし、食べられる量にも限界があり、外食や旅行の時などにも摂取することが出来ないですよね。

その点サプリメントなら、食事の献立やタイミングなどとは独立して、自分のペースで毎日手軽に摂取することができるため、一番効率が良いのです。

2017年版 おすすめ黒にんにくサプリメントランキング

>>2017年版黒にんにくサプリランキングはこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする