黒にんにくQ&A「黒にんにくやにんにくで胃腸が荒れることがあるのでしょうか?」

読者さんからの質問

にんにくや黒にんにくは胃腸の調子を悪くするということがあるのでしょうか。私はにんにくを使った料理が好きなのですが、たくさん摂取するとだいたい次の日はお腹を下してしまいます。体に合わないのかな?

管理人の回答

ご質問ありがとうございます。にんにくを摂取するとお腹の調子が悪くなるということですが、これは不思議な事ではありません。

というのは、にんにくに含まれる「アリシン」という栄養成分があるのですが、これは胃液の分泌をもたらします。これが食欲増進などの健康効果があるのですが、にんにくをたくさん摂取するとこの効果が働きすぎ、胃液の分泌が多くなりすぎてしまいます

そうなると過剰な胃液はその酸により、胃壁を荒らしてしまいます。

また、にんにくには殺菌効果がありますが、これも摂取しすぎると、胃や腸の悪玉菌だけでなく、善玉菌も攻撃してしまい、やはり胃や腸が荒れてしまいます。

にんにくも黒にんにくも、健康食品としての適切な摂取量は1日1片と言われています。質問者様はにんにくが好きということですから、おそらくそれを多く越えた量を食事の際に摂取しているのではないでしょうか?にんにくは効果が強い半面、摂取し過ぎも良くないので、程々にするのが良いかと思います。

もし、たくさん摂取してしまい、胃腸の調子が治らない場合は、牛乳と乳酸菌入りのヨーグルトを摂取するのがおすすめです。できるだけ消化によい食事を心がけ、喫煙やアルコールの摂取は避けましょう。

万が一嘔吐などをして「血」が混じるような状況であれば、速やかに病院へ行きましょう。胃壁に甚大な問題が生じているかもしれません。

以前執筆したこの記事もよろしければ参考にしてください。

にんにくを食べると下痢になるのはなぜ?対処法はある?

また、そうではなく、少量の摂取でも体調を崩すという場合、アレルギーの可能性もあるので、心配であればお医者様に相談するのが良いと思われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする